性別という垣根はなく

男性やお母さん先生もいる時代

これまで、幼稚園教諭は女性の職業であり、男性とは縁がないものだと思われてきました。 幼い子どもにとって、若い女の先生は、先生でもありお姉さんでもあったのです。 しかし最近は、大学を卒業した男性幼稚園教諭も増えてきています。女性にはない、男性特有の包容力や体力面でも、幼稚園教諭として重宝される存在です。 以前から男子学生も大学で幼稚園教諭の免許を取得できましたが、実際仕事に就く人がほとんどいなかったのです。 最近は、幼稚園教諭を目指して大学に入学してくる人もいるほど、徐々に人気も高まっています。 また、子育て経験のあるお母さん先生が再就職するパターンも増えてきました。保護者が安心して任せられるのが理由のようです。

幼稚園教諭になるために大事なこと

少子化がどんどん進み、一人一人の子どもに対する親の思いはますます強くなるでしょう。 大学で学んだ理論は、実際の現場では子どもによって差があり、マニュアル通りにはいきません。型にとらわれた幼稚園教諭では、子どもたちを指導していくのにも限界があるでしょう。 保護者が何を望んでいるのか、子どもたちをどのように育てていきたいのか、幼児期の大事な時期に関わりをもつ、親以外の唯一の大人と言っても過言ではありません。 ですから、生半可な気持ちでは幼稚園教諭にはなれませんし、指導もできません。 しかし、一番大事な「子どもが大好き。」という気持ちを持ち続けていたら、必ずいい先生になれるはずです。 初心を忘れない人が幼稚園教諭に向いているのでしょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 2015 家庭教師|所得格差と学力差が埋まっているという証明になるキーマン All Rights Reserved.